FC2ブログ
大殺界、空亡、天中殺を用いない中国四柱推命です。 喜神忌神の時期、格を導き出して、運勢の波を読み解いてみましょう。

丙午の威力
「丙午(ひのえうま)」は火の勢いがとても強く
「壬子(みずのえね)」は水の勢いがとても強い。

丙午・・という単語は、四柱推命に興味がない人でも、聞いたことがあり、
女性にとっては、あまり良いイメージがないのが残念であります。

丙午であろうが、壬子であろうが、それが喜神(吉星)であれば、
強いパワーで、普通はできない大きなことを やってのけるのです。

去年は「丙申」の年、今年は「丁酉」の年。火の干が続きますが
「火」が凶の人にとっては、なかなか辛い時期でしょう。

特に今年の6月は「丙午」の月。

火の年に火の月。火が凶の人にとっては、
体力消耗、病気の悪化
感情の爆発。人間関係のトラブル、家庭内のゴタゴタ。
悩み事から取り返しのつかない行動をしたりします。

五行は、木火土金水・・とありますが、パワーの強さで言えば
やはり「火」が一番かな?と個人的には思っています。

最近、ニュースでも 6月はいろいろ大きなことがありましたが

どうも「感情を爆発させるニュース」が、ちらほら。
どちらの方も「火」が大凶のようです。

動画で音声や画像が出回るので、もう隠しようもありませんが、
凶の火が揃い、なおかつ季節も「夏」という、いかにも火の勢いが
強い季節ですと、溢れたエネルギーは止められません。

そのかわり「火」が大吉の方にとっては、飛躍の時期ですから、
波に乗れるチャンスです。

丙午だから悪い・・のでは決してありません。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 四柱推命鑑定ブログ. all rights reserved.