FC2ブログ
大殺界、空亡、天中殺を用いない中国四柱推命です。 喜神忌神の時期、格を導き出して、運勢の波を読み解いてみましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金にルーズな人
鑑定士という仕事をしておりますと、お金のトラブルの相談というのはよくあります。



借金癖、ギャンブルがやめれない、遊んでばかりで働こうとしないなど、

身近にいる者にとって、こういう人は本当に困ります。


親族でもない人にすぐに「お金貸して」と言う人は、その時点で

すでに 普通の手段ではお金が借りれない、ローンも組めない、

家族の信用もとっくに失っている。と思ったほうがいいでしょう。


つまり、もうかなり追いつめられていて、借金の額でさえ、

正確に把握していないことも多いのです。


借金をかえすために他で借金をするという悪の連鎖も恐ろしい。


四柱推命では、財星が忌神(凶星)で 忌神の食傷もセットで並んでいる命式で、

比劫が弱ければ、元々そういう素養はもっていると考えます。

忌神の時期に、お金を借りては、かえさない・・・という悪循環にハマってしまえば、

もう そのへんに歩いている人でも

「お金貸して」と言いたくなる心情だと思います。



周囲の人間が かわいそうに思って、立て替えなどして援助すれば、

よほど痛い目にあわなければ

借金街道まっしぐら・・・・という事態にもなりかねません。



仕事をしなくなったご主人にかわって、奥さんが必死で働けば、

なんとか反省してくれるだろうと思うのが、常識でしょうが、

忌神の時期ならば、仕事を探すどころか

妻が稼いだお金を平気でギャンブルでスッてしまい、

あげくは家の中に女をひきいれて浮気!

信じられないかもしれませんが、実際、こういう話もたくさんあるのです。



財星が忌神であればなおさら、 喜神(吉星)の財星でも 

それが合去(効力がなくなる)の時期、

忌神の比劫が強まるとき、破格になるとき、いろいろな条件と周囲の状況しだいで

お金のトラブルというものがやってきます。



金運がよくないときに限って 「儲け話」というものが 転がり込んできて、

信じて投資しては、大損をしたり。


声を大にして言いたいのですが 

「本当の儲け話を 簡単に他人に教えるものではない」



今 お金に困っている子供、友人、恋人、配偶者。 それを救っていいものか否か、

四柱推命で客観的に分析すれば、見えてくるものが必ずあると考えております。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 四柱推命鑑定ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。