FC2ブログ
大殺界、空亡、天中殺を用いない中国四柱推命です。 喜神忌神の時期、格を導き出して、運勢の波を読み解いてみましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁姑 
嫁と姑。


これは昔から「うまくいかない人間関係」として永遠の定番テーマかもしれません。

どちらにも言い分があり、どちらにも不満があり、

その間にはいる 夫(息子)もこれまた、悪気はないけれど

かえって関係を悪化させてしまうことも多々あります。


来年は、「甲午」 午は火の干を強めます。

火の強い身旺の内格にとっては、これまたイライラする要因ともなります。


嫁と姑、どちらも、火の強い身旺の内格であった場合、

「火」が忌神(凶星)なので、相性も悪く

来年の「午」の影響で、ますますバトルは過熱します。



あれ? 嫁も姑も 「火の強い身旺?」 

ということは 2人は似たもの同士ということですか。

肝心の 夫(息子)は 2人の女性にはさまれて、うまく仲裁もできず、

仕事のほうに逃げ込みます。



息子は母親を理想の女性として好むと言われますが、

母親の気性の激しいところに似た奥様を選んでしまったようで、

これはこれで、好みなんだから仕方ないです。


たぶん、本人たちに 「あなたがたは似てますよ」と言ったら



「誰が あんな人に似てるもんですか!」



と反撃を食らうでしょうから、言うに言えませんが、

四柱推命的には、意外に、バトルを展開している嫁姑が

実は 性格がよく似ている場合も 多いのです。




知らず知らずに 母親に似た女性に魅力を感じてしまった結果、

毎日のように 双方から愚痴を聞かされることになりそうなので、

たとえ、結婚前の「猫をかぶった状態」であっても、なにかしら

言動に性格はでますから、結婚するには、注意が必要かもしれません。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 四柱推命鑑定ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。