FC2ブログ
大殺界、空亡、天中殺を用いない中国四柱推命です。 喜神忌神の時期、格を導き出して、運勢の波を読み解いてみましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朱にまじわれば赤くなる
こういう仕事をしていますと、有難いことに、遠い地域からお呼びがかかって

仕事をすることが多くなります。

さすがに経費の関係で関東から呼ばれたことはないけれど、

ひごろ行かない場所にもお邪魔することがあります。



出張と言うと、「そこの美味しいものが食べれていいですね」とか

「観光できていいですね」と羨ましがられるが、

移動時間がタイトなので、観光なんかもってのほか、

仕事が終わったら、飲食店は閉まっていて、

地域によってはコンビニさえないところも多いのです。

だから トランクに非常食をしのばせていかないと食事に困ることもあります。

便利なところに住んでいると、忘れがちですが、夜遅くまでお店があいているというのは

決して当たり前ではないのです。



そのかわり、あちこちに行けるせいか、その場所にお住まいの方々に共通点があることに

気がつくこともよくあり、とても勉強になります。



家の購入の時期などを相談するイベントに出かけたとき、大きな企業が

主催だからか、お金に余裕がある方々が集まってくるわけですが、

年齢とは関係なく、財星が喜神であったり、運勢の流れが比較的順調である人が

なぜか多いのです。




本当のお金持ちは、基本、お金の話はしません。えらそうにもなさいません。



金運があるのは、ご自分でもわかっているので、あまり金運はお聞きになりません。

お金の使い方がお上手で、派手な格好はなさらず、上質のものを長く大事にします。

高級品を買いあさり、私利私欲に走っている間は本当のお金持ちではありません。

金運のある方のお悩みは、逆に「お金で買えないもの」のようです。



ある漁師町に行ったときは、皆様、さっぱりとした気性で、男性は、いかにも男らしく、

女性が全員、化粧っけもないのに、美しい方ばかりで、びっくりした記憶があります。

情にあつく、自分のことより人のことを考える、そんな人柄にふれ、

お悩み相談も、安心して聞いていられました。





もちろん、地域にはたくさんの人が住んでいるので、全員とは言いませんが、

同じ気質、同じ価値観だから、その土地に集まるのか、その土地に引き寄せられるものが

あるのか、地域性、住民層というものがあるように思います。



以前、競輪場の前にある駅で、ギャンブル帰りの人が、いっせいに電車に乗ってきたとき

面白いぐらい、服装から顔立ち、雰囲気まで似た人ばかりだった記憶があります。





「朱にまじわれば赤くなる」と言います。「朱」にも良い悪いはあると思います。



どんなに悪い朱にまじわっても赤くならない人はいるけれど、

赤くならないためには、相当の強さが必要です。油断すると影響されてしまいます。



今まで弱者の立場でいた人が地位や一時の金を得たとたん、

心を失い、人を見下し、魂が汚れるというのも

これまた、傲慢という名の「悪い朱」にまじわったということでしょう。

事情があって、環境が変えれない場合は、その中でも、いい影響をうけるようにしてください。



お金があるとか、地位が高いとか言うよりも、人として誇れる生き方が大事ではないかと

考えております。同じ「朱」ならば、ぜひ「良い朱」にまじわりたいものです。



自分を変えたい、運気を変えたいと思ったら、今いる環境、周囲にどんな人が多いか、

友人はどんな人が多いか・・・から考え直すことも必要かもしれないですね。

悪口ばかり言ってる人、愚痴ばかりこぼす人、マイナスの気をふりまく人のそばに

いるよりは、おだやかな人、信念をもった強い人、人情のある人のそばにいるほうが

良い影響をうけて、何かが変わってくるのではないでしょうか。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 四柱推命鑑定ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。