FC2ブログ
大殺界、空亡、天中殺を用いない中国四柱推命です。 喜神忌神の時期、格を導き出して、運勢の波を読み解いてみましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金運の注意点
最近おこった事件をご存知でしょうか。

京都府向日市で去年12月に死亡した男性の遺体から青酸化合物が検出され、

この男性の妻が殺人の疑いで逮捕されました。

筧千佐子(かけいちさこ)容疑者(67歳)は 結婚相手、交際相手が

次々亡くなったのは運命・・と言っているそうだが、それはちょっとおかしい。



なぜか夫が先に亡くなってしまう人もいるけれど、こんなに短期間に大勢死んで

しまうなんて運命でもなんでもない。 全容はあきらかではないので断言はできないが

私が言いたいことは 

「お金の扱い方は間違えると、とんでもないことになる」ということです。


「宝くじが当たったら・・・・」と考えたことのある人は多いと思う。

宝くじさえ当たれば、嫌な夫とも離婚できるし、しんどい仕事をしなくてもいい、

たとえ当たらなくても、大金が手にはいれば、なんでも思うようになると思う。



お金で解決できることは確かにたくさんあります。

お金は有難いものだし、生きていくのに不可欠で、

お金があれば無用な争いも避けられたりするので悪いものではない。


人を助けることもできるし、大事な人に贈り物もできる。

人を笑顔にすることもできるし、美味しいものも食べられる。

安心もできるし、心が豊かになるチャンスも手にできます。



しかし、お金を扱う範囲は、人によってだいたい決まっており、

億単位のお金を、平然と扱える人は少ないのである。

月に20万円~40万円くらいなら、何に使って、どう使って・・・

というのは、慣れていて慌てない。

普通は多くて 100万円前後まで。

何もしていないのに、いきなり1000万円が手に入ったら、

たいがいは焦ってしまうと思います。



お金は、「火」と同じだと私は考えます。

金額イコール火の勢いと思っていただければ有難い。

1000円はマッチの火くらい。

100万円は、焚き火くらいの勢い・・・でしょうか。

人によって、扱える金額は違います。



1000万円は、かなりの火の勢い。気をつけないと火事になると言ってもよい。

マッチの火は、食事の支度に役立つし、焚き火は、冷えた身体を暖められる。

火の扱いを知っている人なら、イザとなれば消せる範囲の火であります。


しかし、火の勢いが強くなったら、どうなるか? もう手に負えません。

扱いを間違えて火事になってしまったとき、

どうしていいかわからなくなるのも当たり前であります。



今までの調べによると、千佐子容疑者は、得た遺産で投資をしたらしい。

投資はとても難しい。なんでそんなものに手をだしたのかわからないが、

一攫千金は魅力的な言葉で、欲に目がくらんでしまったのか。

いったい彼女に何がおきてしまったのか? 



大金を手にしたが、あったというまに損失がでて、それが原因で

お金に追われるようになり、殺人を重ねる結果になったのかもしれない。

もしそうなら、恐ろしいことである。 得た「火」が大火事となり、

なすすべもなく、すべてを失う。



よく、たまたま宝くじが当たった人が最後は借金まみれになってしまうのは

お金という名の「火の扱い方」を間違ったせいといってもいいだろう。

慣れない大金を手にするということは、その人の金運がどのくらいのものか

お金を扱う力が試されると言ってもいいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 四柱推命鑑定ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。