FC2ブログ
大殺界、空亡、天中殺を用いない中国四柱推命です。 喜神忌神の時期、格を導き出して、運勢の波を読み解いてみましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い命式
四柱推命を少し勉強した人は、身弱より身旺が良いと思ってる人が多いように思います。

それは 身弱の「弱」がどうも印象が悪いからかもしれません。


しかしそれはかなり短絡的な考えで、要はバランスと喜神(吉星)の割合です。

大運の影響も大きいです。


身旺でも 身旺の内格と身旺の従格があり、これまた全然違います。

身旺の内格は 日干が忌神(凶)となり  

身旺の従格は 日干が喜神(吉)となります。



身弱にも内格と従格があり、

身弱の従格にいたっては 命式が弱ければ弱いほどいいのです。



身旺の内格が干支ともに 忌神が目立つと、自我が強くなり、

身弱の内格でも バランスがよく大運よければ成功します。


格が同じでも、ピンからキリまであり、一概に「この格がいい」ということはできません。

極端に言えば。命式は悪くても、大運がとても良ければ すこぶるいい人生です。

悪い部分がかなり抑えられるから・・・とも言えます。



個人個人で全部違いますから、身弱とか身旺だけ見て判断することは

避けたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 四柱推命鑑定ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。