FC2ブログ
大殺界、空亡、天中殺を用いない中国四柱推命です。 喜神忌神の時期、格を導き出して、運勢の波を読み解いてみましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四柱推命における 「水」
四柱推命で言う「水の星」は 壬(みずのえ)、癸(みずのと)

タロットで言えば 聖杯(カップ)のカードが「水」であります。

「水」というのは、流れたり、溢れたり、形もかわり、

少しの隙間にも入り込む独特の「物質」だからか、

よく「感情」に例えられたりします。


タロットでの「聖杯」は 

聖なる水が入っている・・というわけです。


水(感情)というのは、人にとって、不可欠な大事なものですが、

コントロールができなくなると、もう止められない。


自分でもわからないうちに、感情の渦に巻き込まれ、

深みにハマっていくわけです。



今、話題の、所属政党を除籍になってしまった残念な議員さん。

彼女は水が忌神であり、水は「財星」 

お金が彼女にとっては忌神です。


財星が忌神であっても大運がよければ、

大金を手にすることもありますが、

かならず つまづく時期がきて、

そこで欲望のままに お金に執着してしまうと

今まで得たものを見事に失う結果になります。



しばらくは話題にのって、引き合いもあるでしょうが、

まだまだ長い、その後の人生を考えると、逆に辛い結果となります。

親身に意見してくれる人が遠ざかり、よからぬ人ばかりが

寄ってきて、ますます、後戻りができません。



忌神とは 「注意すべき点」ではないかと思っています。

忌神の「水」が 比劫(自分)であったなら、

その勢いがとても強くなるとき

自分のやり方(自我の強さ)がどうしても変えれず、

良くないほうに 突き進む。


忌神が財星であれば、お金に執着がおきやすい。

執着してもいつかは失うハメになります。


「水」は 人生を豊かにし、潤いも与えてくれますが、一歩間違えば

溺れてしまう怖いものなのです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 四柱推命鑑定ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。