FC2ブログ
大殺界、空亡、天中殺を用いない中国四柱推命です。 喜神忌神の時期、格を導き出して、運勢の波を読み解いてみましょう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰と陽 人生の光と影
大晦日、皆様、いかがお過ごしですか?

昨日 数年ぶりに、昔の仲間から連絡がありました。

その方の情報によると

以前、人のアドバイスを全く聞かず
イエスマンだけをそばに置き
私利私欲に走ってしまった人が

運気が傾いたころから、徐々に転落し、
今は、せっかくふやした店舗をすべて閉店。

人を大事にしなかったせいで、誰も
ついて来ず、借金をつくったあげく
会社を整理して、1人で失意の旅にでてしまったそうです。

身分不相応なものを強引に手にいれると
結局、同じだけ失うことになるのだという

正負の法則を目の当たりにした思いです。

日ごろ、自分を律し、部下や家族、まわりを大事に
していれば失敗しても復活できるのですが
その人は、何度も同じことを繰り返し
まさに波乱万丈の人生です。

早く、自分の間違いに気がついてほしいところですが
はてさて、いかがなものでしょう。

反対に、今までどん底にいて、苦しいながらも
懸命に這い上がろうと努力してきた人は
徐々に浮かび上がってくるようです。

四柱推命に「陰と陽」があるように
人生にも 光と影があり
光ばかり求めては決していけないのだと
また、影があってこその「光」なのだと
学びとして深く心にきざみました。

それにしても、運気が変わるというのは
本当にあるようです。

来年は皆様にとって良い年でありますように。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 四柱推命鑑定ブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。